東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ハロウィーン 準備着々 警視庁、混雑備え

昨年10月31日のハロウィーン本番で仮装した人たち=東京・渋谷で

写真

 東京都渋谷区のJR渋谷駅周辺が大勢の若者らでにぎわうハロウィーン本番の三十一日を前に、警視庁は混雑やトラブルに備えるため体制強化に乗り出した。二十七日から渋谷署員や機動隊員を周辺に配置し、人出に応じて交通規制などを実施する。二十七日、都内ではハロウィーンのパレードに子どもたちが集まり、一足早く盛り上がった。

 近年、ハロウィーンの時季には、渋谷駅周辺に仮装姿の外国人や若者が集まり、騒ぎになるのが恒例となっている。ただ、駅前のスクランブル交差点では群衆が車道にあふれて交通の妨げとなり、痴漢や暴力行為などのトラブルも頻発。二〇一五年には、交差点付近で警察官の頭を殴った疑いで男が逮捕された。

 警視庁は二十七〜三十一日、交通規制を適宜、実施するほか、軽妙な語り口で人を誘導する「DJポリス」も派遣して混乱に備える。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報