東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

伊方3号機、臨界 四国電再稼働

写真

 四国電力が再稼働させた伊方原発3号機(愛媛県伊方町、出力八十九万キロワット)は二十七日午後六時半、原子炉内で核分裂反応が安定的に持続する「臨界」に達した。今後作業が順調に進めば、三十日に発送電を始め、出力を徐々に上げて十一月二日にフル稼働、同二十八日に営業運転に移行する見通し。

 四国電は二十七日午前、3号機の中央制御室の様子を報道陣に公開した。同室では臨界に向け、原子炉の制御棒を段階的に引き抜くなどの操作を実施。社員らは真剣な表情でモニターを見つめ、核分裂の状態や各設備に異常がないか確認していた。伊方3号機は、原子力規制委員会の新規制基準への適合性審査に合格し、二〇一六年八月に再稼働した後、昨年十月から定期検査に入った。

 四国電は今年一月の稼働を見込んでいたが、昨年十二月の広島高裁の運転差し止め仮処分決定により運転停止が継続。同高裁は、熊本県・阿蘇カルデラで大規模噴火が起きた際、火砕流が原発敷地に到達する可能性を指摘した。しかし今年九月二十五日、同高裁が「破局的噴火が起きる可能性の根拠が示されていない」とする異議審決定を出し再稼働が可能となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報