東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

迫るハロウィーンで渋谷騒然 軽トラ横転など逮捕者5人

東京・渋谷のセンター街で、横転させられた軽トラックの上に乗る若者=28日午前1時ごろ(ゆうきゆう・ゆうメンタルクリニック院長提供、一部画像処理)=同日夜

写真

 ハロウィーン前の週末となった二十七日夜から二十八日朝にかけて、東京都渋谷区の繁華街は仮装した若者らで混雑し、一時騒然となった。軽トラックが横転させられたほか、痴漢などの疑いで五人が逮捕された。ハロウィーンは三十一日が当日。二十八日夜も渋谷のスクランブル交差点は、ゲームキャラクター「ピカチュウ」や童話「赤ずきん」の着ぐるみなど、仮装をした人たちでごった返した。

 同交差点では、信号が変わるたびに警察官が笛を鳴らし、軽妙な語り口で人を誘導する「DJポリス」も配置され、「ゆっくり進んで」「歩きスマホは危険」と歩行者を誘導した。

 警視庁渋谷署によると、センター街で二十八日午前一時ごろ、若者ら数人が軽トラックの荷台に乗り込み、取り囲んだ。運転手が警察に通報しようと離れたすきにひっくり返し、立ち去ったという。けが人はいなかったが、車の一部が破損。渋谷署は器物損壊容疑で捜査している。

 ツイッターに投稿された動画には横倒しの軽トラックの上に二人が立って騒いでいる様子が写っている。

 一方、女性が胸を触られたり、スカート内を盗撮されたりする被害も相次いで発生。渋谷署は都迷惑防止条例違反容疑などで五人を逮捕した。

 二十八日夜、東京観光の合間に立ち寄った鹿児島県姶良(あいら)市の女性(64)は、群衆が一斉にスクランブル交差点を渡る様子をスマートフォンで撮影。「若いころにはないイベントで、すごい。変装するのは良いけど、車をひっくり返すのはやりすぎ」と話した。

 埼玉県吉川市の女性(44)は、母(68)と小学四年の娘(10)と一緒に二十八日朝から来た。娘の衣装はアニメキャラクターで、二週間かけて手作りしたという。女性は「午前中は誰も仮装していなくて恥ずかしかったけど、夜は盛り上がっていて楽しい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報