東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

絢子さまと守谷さんが挙式 「父と母のような夫婦に」

結婚式を終え記者の質問に答えられる高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さん=29日午後0時30分、東京都渋谷区の明治神宮で(代表撮影)

写真

 高円宮家の三女絢子(あやこ)さま(28)と日本郵船社員の守谷慧(けい)さん(32)との結婚式が二十九日午前、東京都渋谷区の明治神宮・神楽殿で執り行われた。皇族の結婚は二〇一四年十月の高円宮家の次女千家(せんげ)典子さん(30)以来。

 二人は結婚式後、報道陣の取材に応じ、絢子さまは「父(故高円宮)と母のような夫婦になれるよう努力したい」と誓った。守谷さんは「笑顔の絶えない家庭を築いていきたい」と話した。

 午後に代理の宮内庁職員が港区役所に婚姻届を提出し、絢子さまは皇族の身分を離れた。皇室の構成は男性五人、女性十三人となる。

 式には母の高円宮妃久子さま(65)や長女承子(つぐこ)さま(32)ら皇族、守谷さんの親族ら計約三十人が参列。絢子さまは髪を後ろで束ねた「おすべらかし」の髪形に小袿(こうちぎ)と長袴(ながばかま)の装束姿、守谷さんはモーニング姿で臨んだ。

 宮内庁は三十日、天皇と皇族の戸籍簿に当たる「皇統譜(こうとうふ)」に皇籍離脱を登録する。絢子さまは「私は皇籍を離れますが、元皇族として天皇、皇后両陛下をお支えしていくということに変わりはございません」と話した。装束について「(守谷さんから)どういうふうに見えてるかなと思い、ドキドキしました」と振り返り、守谷さんは「非常に美しいなと思いました」と絢子さまに笑顔を向けた。

 絢子さまには国から一時金として一億六百七十五万円が支払われる。

<お断り> 高円宮家の三女絢子さまは、皇室典範の規定により皇族の身分を離れましたが、三十日朝刊は「絢子さま」の敬称と敬語を使用します。三十日夕刊から原則として「守谷絢子さん」と表記します。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報