東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

福島原発に「#工場萌え」 東電、ツイッター投稿を謝罪

東京電力がツイッターに投稿した写真と文章

写真

 東京電力が二十九日、自社の公式ツイッターや写真共有アプリ「インスタグラム」に、福島第一原発4号機の使用済み核燃料プールの写真を投稿した際、検索の目印となるハッシュタグを「#工場萌(も)え」と付け、不適切との批判が相次ぎ「炎上」する騒ぎとなった。同社は投稿の約二時間後に訂正し「みなさまに不快な思いをさせ申し訳ない」との謝罪文を掲載した。

 写真は昨年十月撮影で、原子炉建屋内で燃料搬出を終えたプールの水面や搬出装置などが写っていた。「工場萌え」は近年、工場の景観を愛好する行為を指して使われている言葉だが、投稿に対し「原発事故の反省がないのか」「被害者をばかにするな」といった書き込みが殺到した。

 東電は定例記者会見で「若者世代に事業を理解してもらう目的だったが、配慮が足りなかった」と釈明。投稿内容は外部業者が作り、事前に東電の広報担当者が目を通していた、と明らかにした。過去にも第一原発のタンク群や配管の写真を同様のハッシュタグとともに投稿しており、今回の事態を受けて全て訂正したという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報