東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

教員8割、ストレスや悩み 一日平均11時間17分勤務

 政府は三十日、過労死・過労自殺の現状や国が進める防止対策をまとめた二〇一八年版の「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。過重労働が顕著な重点業種として教職員や医療など五つを挙げている。全国の国公私立小、中、高などの教職員約三万五千人から回答を得た大規模調査では、80・7%が「業務に関連するストレスや悩みを抱えている」と回答。白書は長時間労働に加え、ストレス対策も重要と指摘した。

 ストレスや悩みの内容を複数回答で尋ねると、「長時間勤務の多さ」を挙げる人が最多の43・4%を占めた。「職場の人間関係」(40・2%)、「保護者・PTAへの対応」(38・3%)も多い。また「部活動の指導」は、小学校ではわずかだが、中学は42・0%、高校で36・2%に上った。

 一日の平均実勤務時間は十一時間十七分。職種別で見ると、最も長いのは「副校長、教頭」で十二時間三十三分。一日八時間労働とすると、連日四時間半の残業をしていることになる。月二十日間の勤務と考えると、「過労死ライン」の八十時間を大きく上回る計算になる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報