東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

子ども3人連れ、児童館「ダメ」 熊田さんブログに体験

 子ども三人を連れ、東京都墨田区の児童館を訪れたところ、「大人一人につき子ども二人」というルールがあり、利用を断られたと明かしたタレント熊田曜子さん(36)のブログ記事が議論を呼んでいる。児童館の対応について「子どもの多い家族を排除するのか」と批判が出る一方、「安全を考えると、仕方がない」と擁護する声も上がっている。

 「三人育児」と題した四日付の記事によると、熊田さんは一人で五歳、三歳、四カ月の子どもを連れ、墨田区の児童館を訪れた。就学前の子どもが遊べる「すくすくルーム」に入ろうとし、スタッフに止められた。

 区によると、この児童館は十月にオープン。すくすくルームは約七十平方メートルの室内に、ボールプールやジャングルジムを備える。通常、児童館は保護者一人当たりの子どもの人数を制限していないが、この施設は遊具があり、目が行き届く範囲を考慮し、二人までとしたという。

 ブログによると、熊田さんは四カ月の子をだっこすると申し出たが、入室は認められなかった。熊田さんは「まさか、そんな決まりがあったなんて」「事前に確認するべきですね」とつづった。

 「あまりにしゃくし定規」。ブログを読んだ、二人の子どもを育てる東京都の女性(36)は首をひねり「児童館が使えないのはつらい」と嘆く。

 一方、墨田区の担当者は「子どもの多い家族を排除するつもりは全くないが、安全のためのルール」と説明。一歳児を育てる別の女性(36)は「うちはまだよちよち歩きで、走り回る大きな子たちとぶつからないか心配。二人までというのは一理ある」と理解を示す。

 区によると、三人以上の子どもを連れた保護者が訪れた場合、一人を連れた保護者と一緒に利用することも呼び掛けているという。担当者は「熊田さんには、適切な案内ができなかった。ホームページの記載も分かりにくく、改善したい」と語る。

 「保育園を考える親の会」代表の普光院(ふこういん)亜紀さんは「児童館は地域の子育ての重要拠点。安全は大切だが、スタッフが一緒に見守るなど、工夫して受け入れてほしい」と訴えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報