東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ズワイガニ、3年後半減? 新潟の研究所が予測

漁が解禁され、漁船に引き上げられたズワイガニ=6日、兵庫県豊岡市沖で

写真

 日本海側の冬場の味覚、ズワイガニの資源量が来年以降に減少傾向となり、三年後には現在の約半分に落ち込むとの予測を日本海区水産研究所(新潟市)の研究チームがまとめた。原因は特定できていないが、生後三、四年まで生き残る個体が減っている可能性があるという。六日に今年の漁が解禁されたばかりの沿岸各地にとって厳しい内容となった。

 研究チームの上田祐司・資源生態グループ長(水産科学)によると、雌が産む卵の数には大きな変化がなく、何らかの理由で稚ガニが生き残れなくなっている。「少なくとも今後五年間は厳しい状態が続くのではないか。可能なら詳細な調査を実施したい」と話す。

 チームは今年五、六月、水産庁の委託で能登半島沖から隠岐諸島の西部沖まで計百三十七地点でズワイガニの資源量を調査。国の基準で漁獲可能とされる甲羅の幅九センチ以上の雄と、産卵可能な雌の数は例年並みだったが、未成熟な稚ガニの数は昨年の六割程度に減少していた。調査を始めた一九九九年以降で最低レベルだったという。

 稚ガニの減少は三年ほど前から継続。調査海域でのズワイガニの資源量は今年の二万二千トンに対し、今後の推計は二〇一九年に一万九千トン、二〇年に一万五千トン、二一年に一万二千トンほどになるとしている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報