東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

12年前の乳児虐待死容疑 「事故」一転、当時の義父を逮捕

 約十二年前に生後十一カ月の三女に暴行を加えて死亡させたとして、警視庁は八日、義理の父だった自称会社員堀田伸輔容疑者(42)=相模原市南区当麻=を傷害致死の疑いで逮捕したと発表した。逮捕は七日。当初は事故死とみられていたが、三女が頭に強い衝撃を受けていたことなどから再捜査していた。逮捕容疑では、二〇〇六年十二月三十日午前十時〜正午前ごろ、当時住んでいた新宿区新宿七のマンションの室内で、三女の桜井亜衣ちゃんに暴行を加え、頭蓋骨骨折などで意識不明の重体にさせ、〇七年三月九日に病院で死亡させたとされる。死因は硬膜下血腫などによる気管支肺炎だった。

 捜査一課によると「自分がやったことに間違いない。罪を償いたい。こたつの上にいた子どもを手で払った。イライラしていた」と容疑を認めている。

 亜衣ちゃんは堀田容疑者の実子ではなく、当時の妻と別の男性の娘だった。事件後に離婚した妻は「日常的な暴行があった」と話し、一課は虐待を繰り返していた疑いがあるとみて捜査。逮捕容疑の暴行の方法についても、堀田容疑者の供述通りか調べている。

 当時、妻は外出中で、堀田容疑者が一一九番し「こたつの上から落ちた」と説明していた。しかし、複数の専門家の分析で、亜衣ちゃんが頭に受けた衝撃が、高さ約四十センチのこたつからの転落時より大きいことが判明。また、強いストレスを受け続けると縮む「胸腺」が萎縮していたことも分かった。

◆未解決対策室 3度目捜査

 「振り返ってもらえない命があってはならない」。生後十一カ月の桜井亜衣ちゃんの死亡から約十二年。義父だった堀田伸輔容疑者を逮捕した警視庁は、専門家らの知見を積み重ね「三度目の捜査」で暴行を認める供述を引き出した。

 事件か事故か−。当初は新宿署が両面から捜査し、二〇〇六年と一二年には堀田容疑者を事情聴取した。しかし、虐待の確証は得られなかった。今年三月、未解決の重要事件(コールドケース)を扱う一課内の「特命捜査対策室」が捜査を開始。複数の専門家の分析で、頭の傷が大きく、胸腺の萎縮も確認できたことから、単にこたつから落ちたのではなく、人為的な強い衝撃を受けたとの確証を得た。

 傷害致死罪の公訴時効は、刑事訴訟法改正(一〇年)で十年から二十年に延長されており、三度目の捜査だった。

 亜衣ちゃんは、生きていれば中学一年生。捜査幹部は「犯罪を絶対に見逃さないというメッセージにしたい」と話した。 (木原育子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報