東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

吉沢ひとみ被告、有罪 飲酒ひき逃げ「責任相当重い」東京地裁判決

吉沢ひとみ被告

写真

 酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われたアイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー吉沢(本名川前)ひとみ被告(33)に、東京地裁は三十日、懲役二年、執行猶予五年(求刑懲役二年)の判決を言い渡した。

 判決理由で佐藤卓生(たかお)裁判官は「被告の呼気から高濃度のアルコールが検出され、被害者の傷害の結果も顔面に傷痕が残るなど軽くない。さらに被害者を救護せず、その場を走り去った。刑事責任は相当重い」と指摘した。その上で被害者と示談が成立していることや被告の反省状況を踏まえて実刑は回避したが「さらに反省を深める時間を求めることが必要だ」として刑の執行猶予期間を最長の五年とした。

 この日、吉沢被告はグレーのスーツに白のシャツで出廷。主文を告げられた後は着席し、両手を膝の上で重ね、うつむいたまま判決理由を聞いていた。閉廷の直前、裁判官から「自覚を持って生活してください」と諭され、小さくうなずく場面も。最後は裁判官に一礼し、法廷を後にした。二十九日の初公判で起訴内容を認め、被告人質問で「ご迷惑をお掛けし申し訳ない」と謝罪していた。

 判決によると、東京都中野区で九月六日朝、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、時速八十六キロで赤信号を無視して交差点に進入。横断歩道を歩行中の男女二人に軽傷を負わせたのにそのまま逃げた。

 吉沢被告は二〇〇〇年に「モーニング娘。」のメンバーとしてデビューし、〇七年に「卒業」。今回の事件後に芸能界から引退した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報