東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

石橋被告「申し訳ない」 東名あおり事故被告人質問

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年六月、あおり運転を受けて追い越し車線に無理やり停止させられたワゴン車に大型トラックが追突し夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)と監禁致死傷などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が五日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれた。被告人質問で石橋被告は「相手の人に申し訳ないことをした」と初めて謝罪の言葉を口にした。

 黒の上下ジャージー姿の石橋被告は、ワゴン車を追い掛けた理由について弁護側から問われ、「直前のパーキングエリア(PA)で駐車位置を注意され、カチンときた」と説明。高速道路に停車させたワゴン車が後続車に追突される危険性については「その時は何も考えていなかった」と振り返った。時折、声を詰まらせながら「車の中に子どもがいると分かっていたら、何もしていなかった」とうつむいた。

 一方、その後の検察側や裁判官の質問には、考え込むように間を空けて「覚えてません」「その時は分からなかった」などと述べた。

 これまでの公判で弁護側は、事実関係をおおむね認めた上で、停車後に起きた事故であり、危険運転致死傷罪は当てはまらないと主張。監禁致死傷罪についても争う姿勢を見せた。

 起訴状などによると、石橋被告は昨年六月五日夜、事故現場約一・四キロ手前の中井PAで静岡市清水区の萩山嘉久さん=当時(45)=から駐車位置を注意され逆上。萩山さん一家のワゴン車を追い掛け、妨害行為を繰り返して追い越し車線に停車させた。そこに大型トラックが追突し、萩山さんと妻友香さん=同(39)=を死亡させ、同乗の娘二人に軽傷を負わせたとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報