東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

米軍2機、接触し墜落 室戸岬沖 7人搭乗1人救助

 六日午前一時四十分ごろ、高知県の室戸岬から南約百キロの太平洋上で、米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属の空中給油機KC130とFA18戦闘攻撃機が訓練中に接触し、墜落した。二機には計七人が搭乗しており、うち二人を自衛隊が救助した。空自と海自、第五管区海上保安本部(神戸)などが不明者の捜索を続けている。政府によると、最初に救助された一人の容体は安定しており、もう一人の容体は確認中としている。 

 米海兵隊によると、KC130には五人、FA18には二人が搭乗していた。岩屋毅防衛相は六日朝、国会内で記者団に対し、最初に救助された一人はFA18の乗員だと明らかにした。不明となっている乗員については「捜索、救助に全力を挙げたい」と述べた。米側には情報提供を求めており、「事故は遺憾だ」とした。

 防衛省によると、同日午前五時二十分ごろ、空自の救難捜索機が海上で乗員一人を発見。同四十五分ごろ、海自のヘリコプターで救助した。救助された乗員を乗せたヘリが午前八時十五分、岩国基地に着陸した。

 さらに正午ごろ、墜落した機体の乗員一人を新たに海上で発見し、海自の練習艦に収容した。

 米側からは訓練中の事故だったとの説明があった。一方で何の訓練をしていたかなど詳細は明らかにされていないという。現場は射撃などをするために設定された訓練空域ではないが、通常の飛行訓練を行うのは問題ないという。

 菅義偉官房長官は六日の記者会見で「現時点で民間船舶への影響はない。引き続き日米で協力して捜索・救助に全力を尽くしたい」と述べた。

 外務省の鈴木量博(かずひろ)北米局長は六日、在日米軍トップのマルティネス司令官に遺憾の意を伝えた。原因究明と再発防止の徹底、速やかな情報提供も求めた。

 空自と海自は計十機の航空機を墜落現場に展開し、捜索を続けている。潜水艦救難母艦を含む艦艇三隻も救助に向かった。五管も、特殊救難隊を乗せた巡視船など六隻、航空機二機で救助に当たっている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報