東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

はれのひ元社長に実刑 懲役2年6月 「一線越えた」

篠崎洋一郎被告

写真

 成人の日に晴れ着トラブルを起こした振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市中区、破産)が粉飾した決算書類を示して銀行から融資金を詐取したとして、詐欺罪に問われた同社元社長篠崎洋一郎被告(56)に横浜地裁は十九日、「経理担当者に虚偽の書類を作成させ犯行に及んだのは、強い非難に値する」として懲役二年六月(求刑懲役五年)の実刑判決を言い渡した。

 判決理由で渡辺英敬裁判長は、融資を受ける約二年前から債務超過の状態が続いており「返済するのが困難と認識しながら虚偽の決算報告書などを提出し、銀行から融資金を詐取した」と認定。「経営者として守るべき一線を大きく踏み越えた」と断じた。

 一方で、詐取した資金は従業員の給与支払いなどに充てているほか、新成人に反省の弁も述べているとして、二年六月の刑期が相当とした。

 判決によると、篠崎被告は二〇一六年九月、神奈川県と東京都の銀行二行に、経営状態を良く見せかけた虚偽の決算書類などを提出し、計約六千五百万円をだまし取った。

 はれのひは今年一月八日の成人の日の直前に突然営業を停止し、着付け会場に晴れ着が届かなかったり、新成人が着付けやメークをできなくなるトラブルが、横浜市や東京都八王子市などで相次いだ。

 破産管財人によると、同社の負債総額は約十億八千五百万円。資産はほとんど残っておらず、顧客への返金が一切ないまま破産した。

 篠崎被告は一月二十六日に謝罪会見を開いた後、出国。六月二十日の債権者集会を欠席し、同二十三日に米国から帰国したところを神奈川県警に逮捕された。県警は新成人らの被害について、成人式当日も着物が用意されていたことから、だます意図があったと立証するのは困難と判断し、立件を見送った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報