東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大宮駅ホーム下に寝泊まりか 専門学校生、侵入容疑で逮捕

写真

 さいたま市大宮区のJR大宮駅のホーム下のスペースに侵入したとして、埼玉県警大宮署は九日、建造物侵入の疑いで、同県久喜市古久喜、専門学校生小暮陸容疑者(20)を逮捕した。「寝泊まりしていた」と容疑を認めている。「就職で悩んでいて、家に帰りたくなかった」と話しているという。

 逮捕容疑では、九日午後零時二十分から同一時半ごろ、正当な理由なく大宮駅の第五ホーム下に侵入したとされる。

 署によると、同一時十分ごろ、ホームから煙が出ていると駅員から一一九番があった。ホーム下に角材やビニール袋が燃えた跡があり、近くに座っている小暮容疑者を発見。呼び掛けに応じなかったため救急搬送し、回復後に事情を聴いた。署は火災との関連も調べている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報