東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

1カ月乳児 揺さぶり死 傷害致死容疑で26歳父親逮捕

 二〇一六年十二月に生後一カ月だった長男の頭を揺さぶり、半年後に死亡させたとして、神奈川県警は十日、傷害致死の疑いで、同県厚木市に住む配送業の男(26)を逮捕した。長男が搬送された病院から連絡を受けた厚木児童相談所は虐待の恐れがあるとして長男を一時保護し、厚木署にも情報を知らせたが、署は両親に事情を聴かず、事実上放置していた。県警は「誤った対応だった」と認めている。

 逮捕容疑は一六年十二月中旬、自宅アパートで長男の頭を揺さぶるなどして外傷性脳損傷による脳機能障害を負わせ、一七年六月十三日に死亡させたとされる。

 男は一六年十二月十七日夜、長男がぐったりしたため市内の病院に搬送。長男は翌日、横浜市の病院に転院した。一七年三月三日に退院した後は、自宅に戻されていた。

 県警によると、男は「強く揺さぶって死亡させてしまったことは間違いないが、殺意を持ってやったわけではない」と供述。逮捕前の聴取では、「息をしていなかったので揺さぶった」と説明していたという。

 司法解剖などの結果、脳が損傷する「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」の疑いがあることが判明。男の行為が死亡につながったと断定し、逮捕に踏み切った。

 県警は、当時十八歳だった妻も関与した疑いがあるとみて事情を聴いており、身元の特定につながる可能性があるとして男の名前などを公表していない。

◆県警ずさん 父親と接触せず

 児童相談所から情報を得ながら両親に接触すらしないという、ずさんな県警の対応ぶりが明らかになった。厚木市内では五年前にも、男児が衰弱死した事件が発覚、児相と県警の連携不足が問題視されていた。捜査の在り方を巡って今後、議論を呼びそうだ。

 県警によると、厚木署が厚木児相から虐待の恐れがあると連絡を受けたのは二〇一六年十二月十九日。署は、男が児相に「わざとやったわけではない」と説明したことから「立件できるか難しい事案」と判断し、捜査をしなかった。県警の内規では、虐待が疑われる事案を把握した場合は本部に報告することになっているが、それも怠っていた。

 十日に会見した県警人身安全対策課の有原馨課長代理は「両親の事情聴取などを行い事件化の可否を検討するなど踏み込んだ対応をするべきだった」と話した。

 厚木児相の加藤昌代所長らも会見し、当時の経緯を説明した。長男が退院した後の一七年三月と四月に一度ずつ自宅を訪問し、母親に話を聴いたものの、男は不在で会えなかった。それ以降は訪問せず、六月五日に男から「転居する」と電話があり、「状況が落ち着いたら連絡してほしい」と伝えただけで、引っ越し先などは尋ねていなかった。

 加藤所長は、対応は適切だったとの認識を示しながら「父親との接触は必要だった」と語った。

 厚木市内では一四年五月にアパートで男児の白骨遺体が見つかり、約七年前に男児=当時(5つ)=を衰弱死させたとして父親が殺人などの罪で起訴された。この事件では、児相が〇四年に男児を迷子として一時保護したことがあり、その後男児が学校に通っていないことを把握したが、県警に相談していなかった。

(土屋晴康、曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報