東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

高崎一家殺害 手配男に1億円賠償命令

 一九九八年一月に群馬県高崎市(旧群馬町)で一家三人が殺害された事件を巡り、殺人容疑で指名手配中の小暮洋史容疑者(49)に遺族が損害賠償を求めた訴訟の判決で、前橋地裁高崎支部は十日、請求通り一億円余りの支払いを命じた。小暮容疑者は行方不明のまま出廷もしておらず、支払いに応じる見込みは事実上ないとみられる。

 岩坪朗彦裁判長は、民法が損害賠償請求権の消滅を定めた事件発生から二十年の「除斥期間」が経過する直前の昨年一月、遺族が小暮容疑者の記録上最後の住所宛てに賠償請求の通知を出しており、請求権は消滅していないと判断した。

 通知の文書は宛先不明で返送されたが、小暮容疑者は事件の刑事責任を免れるために転居先の届け出をしていないと指摘。「自らの行為によって生じた不利益を甘受すべきだ」として、通知は小暮容疑者に届いたとみなした。

 原告は殺害された三人の遺族の女性。判決は三人が被った損害の相続分や、事件で女性自身が受けた精神的苦痛に対する慰謝料などの請求を全面的に認めた。女性は判決後、代理人弁護士を通じ「捕まっていない中での判決は、終わりでも区切りでもなく通過点にすぎません。一日でも早い出頭と贖罪(しょくざい)を呼び掛けます」などとコメントした。

 判決によると、小暮容疑者は九八年一月十四日、女性宅で両親と祖母の三人を殺害した。群馬県警などによると、女性と仕事を通じ知り合い、つきまとい行為を繰り返していたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報