東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ヨウ素剤服用、6割止まり 福島・三春町9歳以下調査

 福島県平田村のひらた中央病院と京都大、福島県立医大の研究グループは十日、同病院で記者会見し、東京電力福島第一原発事故後、甲状腺被ばくを防ぐため同県三春町が配布し、内服を指示した安定ヨウ素剤を実際に服用したのは、当時ゼロ〜九歳だった子どもの63・5%にとどまったとの調査結果を発表した。

 グループは、原発事故を含む放射線災害でヨウ素剤の服用実態が明らかになったのは世界初としている。

 服用しなかった理由は「安全性への不安」が最多(46・7%)。同病院の西川佳孝内科医は「(服用者は)少ないと感じている」とし、「効果や副作用、内服方法を保護者や子どもに十分に説明することが大切だ」と指摘した。

 調査は二〇一七年、三春町の小中学生を対象とした甲状腺検診時に実施し、受診した千百七十九人のうち九百六十一人の保護者が回答した。

 三歳以上は三分の二が服用した一方で、ゼロ〜二歳は約半数にとどまった。「副作用や効果に関する情報不足」「乳幼児の服用方法が難しかった」「さらなる災害に備えて取っておいた」との回答もあった。

 原発事故後、三春町は避難区域ではない自治体として唯一、四十歳未満や妊婦のいる世帯に対してヨウ素剤を配布し、服用を指示していた。これまで副作用は報告されていない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報