東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

国際恋愛詐欺 容疑で逮捕 複数のナイジェリア人 軍人装いSNSで接触

写真

 会員制交流サイト(SNS)で外国の軍人らを装い、女性に恋愛感情を抱かせて現金をだまし取ったとして、福岡、埼玉両県警の合同捜査本部は二十二日、詐欺の疑いで関東在住のナイジェリア人の男ら四人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 このような手口の事件は「国際ロマンス詐欺」と呼ばれ社会的な問題となっており、捜査本部はグループの全容解明を進める。

 捜査本部は二十二日朝、埼玉県吉川市内の自動車関連会社を家宅捜索した。捜査関係者によると、この会社はグループの拠点で、メンバーは関東一帯で活動していたとみられる。捜査本部が主導的な役割を果たしているとみている男は千葉県に居住し、神奈川県に住んでいるメンバーもいる。

 男らは昨年ごろ、福岡県に住んでいる複数の女性に外国の軍人や米軍関係者らを装ってSNSで接触。「会いたい」とメッセージを送り、「日本に行くチケット代が必要」「軍を辞めるには金が必要」と言って多額の現金をだまし取った疑いなどが持たれている。

 被害者の一人は五十代女性で、約六百万円をだまし取られたという。

 同種の詐欺事件では、インターネット上に出ている無関係の男性外国人の写真を勝手に使い女性に示すなど巧みな手口が使われ、中高年が被害に遭うケースが多い。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報