東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

脱税疑い「青汁王子」逮捕 1億8000万円 架空の外注費計上

 計一億八千万円を脱税したとして、東京地検特捜部は十二日、法人税法違反などの疑いで、青汁のインターネット通販を手掛ける健康食品販売業「メディアハーツ」(東京都渋谷区)社長の住所不定、三崎優太容疑者(29)ら三人を逮捕、東京国税局と合同で同社を家宅捜索した。

 三崎容疑者はテレビに出演し、「青汁王子」とも呼ばれていた。特捜部は同法違反ほう助などの疑いで、同社経理責任者内藤由美子(49)=北区、別の会社の社長加藤豪(34)=新宿区=の両容疑者も逮捕した。

 逮捕容疑では二〇一五年と一七年の九月期、架空の広告費やコンサルタント料を計上。経費を水増しする手口で所得を圧縮し、法人税一億四千万円と消費税四千万円を免れたとされる。

 関係者によると、三崎容疑者は加藤容疑者の会社に架空の外注費を振り込み、キックバックさせていた。

 三崎容疑者はこれまでの調べに「ネット広告を出してもらった費用を計上した。コンサルも実際に受けた」などと否認したという。

 メディアハーツは飲みやすさ重視の「すっきりフルーツ青汁」を主力商品に、健康食品や化粧品を通販サイトで販売していた。

 民間信用調査会社によると、〇七年に設立。売上高は、一五年九月期の約六億円から一七年九月期の約百二十二億円へと増え、急成長していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報