東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

秋(上)妙義山(群馬県) 奇岩に朝日紅深く

写真

 「わあーすごい、すごい。中国の桂林みたい」。次々と見晴らし台を訪れる登山者が歓声を上げる。「オー、ナイス」と日本人女性。一緒の外国人男性は「きれいだね」。相手の言語を使って、感動を伝えている姿がほほ笑ましい。

 数百万年かけ浸食された奇岩と、紅葉が朝の斜光に照らされる瞬間の絶景。もやのかかった山並みも幻想的だ。午前六時半すぎ。晩秋の朝のドラマに魅了された。

 十三日の早朝、群馬県下仁田町と富岡市、安中市の境界にある妙義山(みょうぎさん)に登った。県立妙義公園駐車場から、登山道を歩くこと約三十五分。撮影地の見晴らし台は、第四石門(せきもん)そばの断崖の上にある。標高約八百メートル。ここからの景色は、一日見ていても飽きないことから「日暮(ひぐらし)の景(けい)」と呼ばれている。

 紅葉の中を歩くのは心地いい。鮮やかな赤とオレンジ、黄、緑が青空に映える。登山ルートにある石門は、自然に石が削られたトンネルだ。撮影機材が重く、鎖をたぐってくぐる第一、第二の石門は避けて脇道を進んだ。

 妙義山は白雲山(はくうんざん)と金洞山(こんどうざん)、相馬岳(そうまだけ)などを合わせた総称。耶馬渓(やばけい)(大分県中津市)と、寒霞渓(かんかけい)(香川県小豆島町)とともに日本三大奇勝の一つとされ、国の名勝に指定されている。

 下仁田町商工観光課によると、紅葉の見頃は「今週から来週まで」。今月上旬の気温は低めで、中旬から一気に色づいたという。秋晴れの日に撮影でき、ラッキーだった。 (堀内洋助)

 紅葉をはじめ秋の絶景を、毎週木曜に「探鳥」を連載する堀内カメラマンが切り撮りました。

◆撮影データ

 ニコンD800 AF‐Sニッコール24〜70ミリ f2.8 絞りF8 125分の1秒 ISO100

◆交通アクセス

 JR信越線松井田駅から、タクシーで約30分。3700円ほど。車は上信越自動車道松井田妙義インターチェンジから約15分。問い合わせは下仁田町商工観光課=電0274(82)2111=へ。

<ほりうち・ようすけ> 1954年松山市生まれ。中央大卒。82年、中日新聞社(東京新聞)入社。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して20年目に。著書は「再生の原風景」(東京新聞出版部)など。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報