東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

冬(上)袋田の滝(茨城県大子町) 氷瀑 白と黒の競演

写真

 厳しい寒さが続き、自然が氷の芸術を創造した。茨城県大子町の袋田の滝。一月二十七日朝、流れ落ちる滝が凍ってしまう「氷瀑(ひょうばく)」と呼ばれる神秘的な光景に出合った。完全凍結ではなかったが、氷の間を少しだけ水が流れる様に趣がある。黒い岩肌と、真っ白な氷とのコントラストが美しい。

 滝の高さは百二十メートルで、幅は七十三メートル。岩壁を四段に落下するため、「四度(よど)の滝」とも称される。一方で、平安時代末期の歌僧、西行法師が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したから「四度の滝」という説もある。

 水戸黄門として知られる水戸藩主の徳川光圀(みつくに)も訪れたと伝わり、華厳滝(けごんのたき)(栃木県日光市)、那智の滝(和歌山県那智勝浦町)とともに、一般に日本三名瀑(めいばく)の一つに数えられる。二年前、国の名勝に指定された。

 さらに、NPO法人地域活性化支援センターによって「恋人の聖地」にも選定されている。二段目の滝の中央部の岩のくぼみがハート形に見えるのが、理由の一つだ。残念ながら岩は氷で隠されていた。その代わりか、目前の四段目に氷がハートのような模様を描いているのを見つけ、思わずにっこり。

 今冬は五年ぶりの完全凍結も期待された。だが「一月二十五日から三日間、九割まで凍結した。二十八日夜八時ごろ、氷がものすごい音を立てて崩れた。二月の結氷は難しいだろう」(袋田観瀑施設管理事務所)という。ならば、次は新緑の春に訪れようか。「四度の滝」なのだから。 (堀内洋助)

 寒さが演出する冬の「絶景」を、毎週木曜日に「探鳥」を連載する堀内カメラマンが撮影しました。三回にわたってお届けします。

◆撮影データ

 ニコンD800 AF−Sニッコール14〜24ミリf2.8 絞りF11 15分の1秒 ISO100

◆交通アクセス

 JR水郡線袋田駅から約4キロ。バスは1日4往復。午前は同駅10時35分発のみ。車は常磐自動車道那珂インターチェンジ(IC)から約50分。いつでも見学可。ただエレベーターが動いている時間帯(11〜4月は午前9時〜午後5時、5〜10月は午前8時〜午後6時)は、入場料大人300円(小・中学生150円)が必要。エレベーターやトンネルなどの維持管理費に充当する。問い合わせは、袋田観瀑施設管理事務所=電0295(72)4036=へ。

 <ほりうち・ようすけ> 1954年松山市生まれ。中央大卒。82年、中日新聞社(東京新聞)入社。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して21年目に。著書は「再生の原風景」(東京新聞出版部)など。

◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by