東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

冬(下)江川海岸の氷結(千葉県木更津市) 東京湾に「北の海」

写真

 「東京湾が凍っている」。近くで驚きの声が聞こえた。一月二十四日の早朝、千葉県木更津市の久津間(くづま)海岸の堤防で夜明けの富士山を撮影していた時だった。蜃気楼(しんきろう)も出現していた。撮影ポイントに入ったのは、まだ暗い夜明け前。海岸は気にしておらず、まさかと思った。海を見ると、約三百メートル先の江川海岸までの間、陸から十〜五十メートルほどの幅で真っ白に氷結していた。

 あわてて、幅広く凍っている江川海岸に向かった。神秘的な光景に鼓動が高鳴る。北海道オホーツク沿岸の冬の海のようだ。雪化粧した富士山と丹沢山地が横浜市街の後方にくっきりと望める。地元の写真愛好家たちも感動して、盛んにシャッターを押していた。

 ほぼ毎日、両海岸周辺で自然観察をしている男性は「十数年間で三、四回しか見ていない」。久津間漁協の関係者が「『しが』と呼ぶ自然現象で、温暖化が進んでいるので、近年は極めて珍しくなった」と説明してくれた。「しが」を辞書で引くと、(東北地方で)氷や「つらら」のこと−とある。

 両海岸は、東京湾最大の盤洲(ばんず)干潟の一角で、小櫃川(おびつがわ)からの淡水が入る汽水域になる。凍るには厳しい冷え込みと干潮で潮が引いていることが条件という。この日は今冬一番の寒さで、千葉県館山市で氷点下四・一度、木更津市で同一・五度を記録した。

 撮影から数時間後、潮が満ち始めて氷が海水に覆われた。海面に浮かんだ氷がシャーベット状になって解けてゆく。沖の干潟では、越冬するハマシギ数十羽が盛んに餌を捕っている。近くには海に電柱が並ぶ有名な撮影スポットもある。「一期一会一瞬」の絶景を求める旅は続く。(堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD800 AF−Sニッコール24〜70ミリf2.8 絞りF22 60分の1秒 ISO200 

◆交通アクセス

 電車はJR内房線巌根(いわね)駅下車、タクシーで約10分。車は東京湾アクアライン木更津金田インターチェンジ(IC)から約5キロ。江川海岸潮干狩り場を目指す。狩り場入り口に駐車スペース(無料)がある。目の前が江川海岸。海に立ち並ぶ電柱へは徒歩数分。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して21年目に。

◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by