東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

春(上)わに塚の桜(山梨県韮崎市) 富士の足元 花明かり

写真

 朝からの春雨がやんだ夕刻、わに塚の桜(山梨県韮崎市)の後方に残雪をまとった富士山が姿を現した。山頂付近に笠雲(かさぐも)、稜(りょう)線の左側につるし雲。この二つが同時に見られるのは珍しい。今月七日、思いがけない光景に夜桜の撮影に来た人々から歓声がわく。三〜四分咲き。富士山と、ライトアップされて樹氷のように輝く桜の競演は幻想的だった。

 わに塚の桜は、淡いピンクの花を咲かせるエドヒガンザクラ。田園風景の中にある小高い場所に、一本だけ立っている。樹齢は約三百二十年で、高さは十七メートル。今春は、昨年より五日遅く十日に満開となった。

 旧郵政省の「さくらメール」のポスターに使われ、テレビドラマのタイトルバックにも登場した。市の天然記念物。残雪の八ケ岳と、青空を背景に咲く姿が知られ、毎年、首都圏から多くの花見客と写真愛好家が訪れる。晴れた日の撮影ポイントは、夜明け前から三脚がズラリと並ぶ。

 翌日は、十三キロ離れた実相(じっそう)寺(北杜(ほくと)市)に咲く日本最古の桜「山高神代(やまたかじんだい)桜」を訪ねた。樹齢は約二千年という。品種は、同じエドヒガンザクラ。三春滝桜(福島県)と淡墨(うすずみ)桜(岐阜県)と並ぶ日本三大桜の一つとされる。大正時代に国の天然記念物に指定されている。満開を迎えた老木の神々しい姿に、思わず手を合わせた。二つの桜に魅了された甲州路だった。 (堀内洋助)

 心を癒やす春の「絶景」を、毎週木曜日に「探鳥」を連載する堀内洋助カメラマンが撮影しました。三回にわたってお届けします。

◆撮影データ

 ニコンD800 ニッコールAF−S70〜200ミリf2.8 絞りF11 8秒 ISO400

◆交通アクセス

 JR中央線韮崎駅下車。わに塚の桜まで約3キロ。韮崎市民バスは、同駅発7時58分、11時21分、14時15分、16時20分。武田八幡入口下車徒歩5分。230円。車は中央道韮崎インターチェンジから約15分。駐車場は複数あり無料。新設の武田広神社横の駐車場は桜に近く便利。路上駐車厳禁。ライトアップは15日まで。18時半〜20時半。問い合わせは韮崎市観光協会=電0551(22)1991=へ。

 <ほりうち・ようすけ> 1954年松山市生まれ。中央大卒。82年、中日新聞社(東京新聞)入社。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して21年目に。著書は「再生の原風景」(東京新聞出版部)など。

◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by