東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

春(中)クロツラヘラサギとヘラサギ(江戸川区) 希少種 干潟に舞う

写真

 のどかな三月下旬の東京湾で、世界的な希少種、クロツラヘラサギ=写真(下)=とヘラサギ=同(上)=が舞った。都立葛西海浜公園(江戸川区)で、二羽は二年続けて越冬した。二シーズンとも同じ個体か明確でないが、仲の良い様子は似ている。

 早春から西なぎさに飛んでくる回数が増え、連日多くの野鳥ファンが訪れる。黒いへら状のくちばしを海水に入れ、左右に振って小魚などを捕獲。大きな魚に驚いたのか、突然ジャンプした瞬間、しぶきが飛び散った。

 クロツラヘラサギは東アジアのみに生息し、数は三千羽ほど。環境省レッドリストで、絶滅の危険性が高い「絶滅危惧IB類」に指定されている。目先がヘラサギより黒い。全長は七五センチ。ヘラサギもリストに入るが、カテゴリーは「情報不足」。くちばしの先に黄色みがある。全長は八五センチ。ともにトキの仲間で、朝鮮半島や中国方面から、九州、沖縄などに少数が冬鳥として渡来する。関東で見られるのは珍しい。

 観察は、潮の引きが大きい大潮、中潮のころがいい。干潟が現れ、鳥が餌を狙いやすくなるためだ。二羽は潮が引くと東なぎさから飛来。西なぎさの両端を数回往復することも。驚かさないよう、堤防の上から見守りたい。

 餌捕りを終え、水浴びをした後、くちばしで何度も相手の羽をつくろいあう光景が見られた。求愛行動の一つだ。異種間のカップルなのだろう。

 間もなく夏羽に「衣替え」。冠羽が伸び、胸が黄色みを帯びてくる。昨年の二羽は大型連休のころ北に帰ったという。旅立つ前にあでやかな姿を見たい。来年は幼鳥を連れて三、四羽で来てくれるだろうか。楽しみだ。 (堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD800 AF−S600ミリf4 テレコンバーターTC−14EII使用 絞り開放 1600分の1秒 ISO400

◆交通アクセス

 JR京葉線葛西臨海公園駅下車徒歩7分。車は首都高速湾岸線葛西インターチェンジからすぐ。駐車は葛西臨海公園駐車場に。24時間営業。1時間まで200円。以後30分ごとに100円。臨海公園を通り砂浜がある海浜公園に向かう。臨海公園はいつでも入れるが、海浜公園の開園時間は9〜17時。入園無料。問い合わせは葛西海浜公園サービスセンター=電03(5696)4741=へ。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して21年目に。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報