東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

春(下)神磯の鳥居(茨城県大洗町) 日の出 鳥影の導き

写真

 春はあけぼの。厚い雲と大海原の間に紫の帯が広がり、鳥居の中の水平線から日が昇ってきた。すぐ上に、ぼんやりとした赤い円が輝く。雲に日の光が反射しているのだろう。太陽が二つあるようだ。カモメの仲間が一瞬、もう一つの太陽を横切った。

 日本を代表する日の出スポット「神磯(かみいそ)の鳥居」(茨城県大洗(おおあらい)町)を三日に訪れた。大洗磯前(いそさき)神社の鳥居の一つで、岩礁に立っている。真東を向いており、太平洋から昇る太陽に照らされる姿は神々しい。初日の出は大勢の参拝客でにぎわう。水戸黄門としておなじみの水戸藩二代目藩主・徳川光圀公は、この地の景観をたたえる歌を詠んでいる。

 十七年前、本紙の写真企画「海回廊を行く〜関東沿岸1300キロ」で数日間、この鳥居を取材した。数多く撮影したが、鳥居と流れ星、満天の星の写真が採用され、日の出の写真はボツに。今回は雪辱を果たそうと挑んだ。当時は夜間撮影する人に出会わなかったが、今は必ず数人は見かける。日の出を狙う人も多い。デジタルカメラが普及し、写真が身近になったと感じた。

 二日間滞在し、昼間は近くの涸沼(ひぬま)に。この沼で三月中旬、カオグロアメリカムシクイという北アメリカに生息する小鳥が、日本で初めて確認された。全長は一三センチほど。全国から連日、百人を超す野鳥ファンが集まった。レンズを向けるが、ヨシの茂みに隠れ、動きが素早い。黒い顔と黄色い胸が、かろうじて一枚だけ写っていた。

 この春も、「絶景」「探鳥」を取材する日々が続く。 (堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD4 AF−S500ミリf4 絞り開放 500分の1秒 ISO400

◆交通アクセス

 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線大洗駅下車。循環バス海遊号・大洗磯前神社下バス停からすぐ。または、茨城交通バスで大洗神社前下車。駅からの距離は約3キロ。

 車は東水戸道路・水戸大洗インターチェンジから約20分。大洗公園駐車場(無料)から海岸を歩いてすぐ。路上駐車は厳禁。問い合わせは大洗町商工観光課=電029(267)5111(代表)=へ。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して21年目に。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by