東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

夏(中)ハス池のカワセミ(埼玉県川越市) つぼみに憩う「宝石」

写真

 埼玉県川越市吉田新町の小畔水鳥(こあぜみずとり)の郷(さと)公園で七月二十六日朝、ハスのつぼみに止まるカワセミ。雨の中、ハス池の小魚を狙って、華麗な「お立ち台」に飛来した。雨が激しくなったが、一分ほど水面を見つめ続けてくれた。雨に煙るハスとカワセミが印象的だった。

 同公園は雨水調節池の周囲を散策路に整備して造られた。周囲六百メートルほどの四角い池の約半分にハスが咲き誇る。散策路から見下ろすようにして観賞する。カワセミの他にゴイサギやアオサギ、コサギ、カワウ、カルガモなどの水鳥が見られた。

 三年前の八月九日に初めて訪れた。取材メモには「立秋を過ぎて大輪の花は少ない。カワセミ3羽。つぼみに何度も止まった」とある。本紙連載中の「探鳥」に掲載した。その後、毎夏、立ち寄っている。カワセミとハスの光景にはいつも心癒やされてきた。

 ハスは日が昇ると咲き始め、昼ごろには花を閉じてしまう。花の命は四日間ほどと短い。今回は四日間滞在したが、見ごろは午前六時から九時がベスト。カワセミがつぼみに止まってくれた時間も同じころ。以前は終日止まったが、今年は早朝に限定されて、残念。

 カワセミは成鳥二羽と幼鳥一羽が見られた。成鳥は小魚をくわえて何度も飛んだ。もしかしたら再度営巣し、ヒナに餌を運んでいるのだろうか。巣立ちビナがハス池に来ることを願った。

 カワセミ(全長一七センチ)は漢字で「翡翠」と書く。青く美しい姿から「空飛ぶ宝石」ともいわれる。神聖な花とされるハスとの共演は夏の風物詩だ。カワセミは水辺のすぐ上の枝や杭(くい)などから獲物を狙う習性がある。もう少し、この夏も撮影を続けていきたい。(堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD500 AF−Sニッコール600ミリf4 絞り開放 500分の1秒 ISO800

◆交通アクセス

 電車は東武東上線鶴ケ島駅から東武バスで吉田新町下車、徒歩数分。距離は約2キロ、徒歩約20分。

 車は関越自動車道・鶴ケ島ICから約5キロ。首都圏中央自動車連絡道・圏央鶴ケ島ICから約4キロ。30台分ほどの無料駐車場とトイレあり。住所は川越市吉田新町1の1。

 <ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して21年目に。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by