東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

夏(下)覚満淵(前橋市) 朝霧 水鏡に映る幻想

写真

 夜明けから霧が漂い出し、静かな水面から次々に湧き立った。日本百名山の一つ赤城山にある覚満淵(かくまんぶち)(前橋市)に六月中旬、夏山の絶景を求めて訪れた。日の出から約一時間半後、霧に包まれた湿原の中ほどに立つミヤマザクラなどの樹林に、山の稜線(りょうせん)からスポットライトのように朝の光が当たった。霧の水鏡も一段と鮮やかに。心を癒やす幻想的な光景に、わくわくしながらシャッターを押した。

 覚満淵は「小さな尾瀬」と呼ばれる高層湿原。標高一、三六〇メートル。カルデラ湖である大沼から南東に約五百メートル。湿原を一周する木道が整備され、約三十分で周遊できる。木道から霧を撮影した。

 霧の中から聞こえる野鳥の歌声にも魅了された。「ホーホケキョ」のウグイス。「トッキョキョカキョク」と鳴くホトトギス。ウグイスの托卵相手であり、巣を狙っているのだ。霧は姿を隠してくれる。絶好の場所だ。霧が消えるころから、せみ時雨に包まれた。

 七月下旬、避暑を兼ねて再び訪れた。早朝の気温は一七度と心地いい。同じように湿原は霧に包まれ、まるで水墨画の世界のよう。麓から見ると雲の中なのだろう。夏鳥の声は少なかったが、ウグイスは元気に歌っていた。誕生間もないカルガモのひな四羽が霧の水面を泳ぐ姿が印象的だった。

 覚満淵のすぐ近くに鳥居峠(標高約一、四〇〇メートル)の展望台がある。関東平野を一望し、秋から冬は人気の日の出撮影スポットに。運が良いと東京スカイツリーも望める。反対側の高台からは覚満淵と大沼を見渡せる。初冬には霧が霧氷をつくり、覚満淵の樹林が白く輝く。また、訪れたい。(堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD800 AF−Sニッコール70〜200ミリf2.8 絞りF8 250分の1秒 ISO200

◆交通アクセス

 バスはJR前橋駅北口6番から関越交通の赤城山ビジターセンター行き(約60分)で終点下車。徒歩1分で覚満淵。ただし直通バスは土日祝日のみ。前橋駅発8時45分など1日3往復。片道1500円。平日は富士見温泉行きで終点下車し、赤城山ビジターセンター行きに乗り換える。前橋駅7時32分発が便利。車は関越自動車道前橋ICから約70分。

 問い合わせは県立赤城公園ビジターセンター=電027(287)8402=へ。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して21年目に。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by