東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

秋(下)秩父雲海夜景(埼玉県秩父市) 幻想世界 七色の街

写真

 埼玉県秩父市と皆野町にまたがる美(み)の山公園から二日未明、秩父盆地に発生した雲海が見られた。市街地やセメント工場の明かりが雲海に反射して、七色に輝く幻想的な光景だった。霧が濃くなると明かりは見えなくなったが、薄くなってくるとベールのかかった夜景の美しさも十分に楽しめた。夜が明けると、荒川沿いには帯のように雲海が広がり壮観だった。

 美の山公園は単独峰である蓑山(みのやま)(標高五八一・五メートル)の山頂にある。二カ所の広い展望台から秩父盆地が見渡せる絶景ポイント。園内には外灯がないため、晴れていると満天の星を楽しめる。今は、南の空にオリオン座が鮮やかだ。

 秩父の雲海は春と秋に多く、特に十一月は発生率が高い。前日に雨が降った翌朝に、晴れた場合は期待できる。早朝の冷え込みも条件だ。秩父在住の気象予報士が、ブログ「秩父の雲海予報」で翌朝の雲海が発生する確率を毎日午後九時すぎに発表している。撮影した二日の確率は77%だった。

 雲海観察には、秩父ミューズパークの展望台と旅立ちの丘も人気だ。荒川にかかる秩父ハーブ橋がアクセントになる。正面には朝焼けも。展望台は狭いので、譲り合って撮影したい。十二月十日まで、展望台駐車場(「P10」と書かれたエリア)は夜間開放される。

 工場や街の夜景と雲海がコラボレーションしたファンタジーな絶景はこの場所ならでは。心が癒やされた。次回は盆地全体に発生する日に訪れたい。 (堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD850 AF‐Sニッコール70〜200ミリf2.8 絞りF5.6 15秒 ISO800

◆交通アクセス

 秩父鉄道皆野駅から美の山展望台までタクシー約20分(約2500円)。路線バスはない。またはハイキングコースで徒歩約90分(3.3キロ)。車は関越自動車道花園ICから約40分で皆野町役場交差点を左折して約15分。飯能方面からは美の山入口交差点を右折して約15分。秩父ミューズパークは秩父駅から車で約10分。問い合わせは、秩父市観光課=電0494(25)5209、皆野町観光協会=電0494(62)1462=へ。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して21年目に。

◆2018絶景カレンダーきょう発売 

 「絶景を行く卓上カレンダー」が10日に発売されます。定価500円(税込み)。問い合わせは、フォトサービスへ。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する