東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

冬(上)富士山とスカイツリー(千葉県鎌ケ谷市) 夕明かり天突く競演

写真

 千葉県鎌ケ谷市の鎌ケ谷市役所屋上から二十五日夕、富士山と東京スカイツリーを撮影した。ともに日本一の高さの競演に魅了された。距離は東京スカイツリーまで約十八キロ、富士山は約百二十三キロ。厳しい寒波による北風を受け、くっきりと見渡せた。日が沈み、色鮮やかな夕焼け空と都心のビル群の明かりも競い合うように美しい。丹沢山地の上空に残る雲もいいアクセントに。見事な冬の絶景に心から感動した。

 この日の朝、東京都心では四十八年ぶりに気温が氷点下四度まで下がった。厳しい冷え込みの中、屋上で待ち続けた。十八日から三回訪れたが直前に雲に覆われたりして見られず、二十二日からの雪も影響した。四度目でようやく念願がかなった。

 屋上は「かまがやスカイビュー」と呼ばれる人気のビューポイント。市役所が開庁する平日はだれでも利用できる。特に、富士山側は大きな建物がなく、見通しがいい。この日は八人の写真愛好家が訪れていた。

 二月二日は富士山頂に太陽が沈む「ダイヤモンド富士」が見られる。例年大人気で大勢の人が集まる。今年も観賞会が開催され、カメラ撮影スペースは定員五十人だが、今月中旬に満員になった。ただし、一般観賞スペースへは当日自由に入場できる。三脚は使えないが、手持ちで撮影可。開放時間は十五時四十五分から。出入り口付近での待機はできない。ベスト時間は十六時五十八分という。晴れることを祈りたい。 (堀内洋助)

      ◇

 心癒やす冬の「絶景」を、毎週木曜日に「探鳥」を連載する堀内洋助カメラマンが撮影しました。三回にわたってお届けします。 

◆撮影データ

 ニコンD850 AF−Sニッコール400ミリf2.8 3秒 絞りF11 ISO400

◆交通アクセス

 鉄道は新鎌ケ谷駅(新京成電鉄・東武野田線・北総線)より徒歩7分。車は鎌ケ谷市役所駐車場利用可(無料)。市役所屋上「かまがやスカイビュー」の開放時間は8時30分から17時45分まで(土・日・祝日・年末年始は除く)。入場無料。

 屋上開放についての問い合わせは市企画財政課=(電)047(445)1073。「ダイヤモンド富士」については市商工振興課ダイヤモンド富士観賞係=(電)047(445)1240。

<ほりうち・ようすけ> 1954年松山市生まれ。中央大卒。82年、中日新聞社(東京新聞)入社。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して22年目に。著書は「再生の原風景」(東京新聞出版部)など。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報