東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

冬(中)菅生沼の白鳥(茨城県坂東市) 厳寒の中、華麗な求愛

写真

 茨城県坂東市の菅生(すがお)沼(上沼)に一月二十八日早朝、越冬するコハクチョウを訪ねた。厳しい寒波の影響で、沼は全面結氷していた。気温は氷点下四度。いてつく氷上で「コォーコォーコォー」と鳴き交わしながら、翼を広げて羽ばたく求愛ダンスを見せてくれた。まるでフィギュアスケートのアイスダンスのように華麗だ。厳寒の中、心癒やす光景に魅了された。

 全面結氷した朝の沼にはコハクチョウが次々と飛来した。その数約二百羽。一羽の体重は六〜八キロになる。全羽が乗っても壊れない分厚い氷に驚いた。二十二日の雪が周辺にも残り、冷え込んだのだろう。

 コハクチョウはシベリアの北極圏で繁殖し、冬に日本に渡来。都心に近い白鳥飛来地「本埜(もとの)の白鳥の郷」(千葉県印西市)では約千羽が、菅生沼では約二百七十羽がそれぞれ越冬中だ。幼鳥を含む家族群で行動し、つがい関係は一生続くとされる。

 一九八九年から白鳥の世話をする菅生沼白鳥愛好会の佐藤富雄さん(82)は「今年は幼鳥の数が少ない」と心配する。繁殖地の環境が悪かったのだろうか。「例年よりハクチョウもカモも少ない」と話す。

 午後二時ごろになると、白鳥を撮る写真愛好家が集まってくる。ねぐらになる菅生沼の南端(下沼)へ飛び立つ群れを撮影するためだ。色づいた夕暮れの空を飛ぶ光景が人気を集める。

 二十六日夕、西の空に彩雲が現れ、その中を飛ぶ光景が印象的だった。残念ながら写真は彩雲と鳥とのバランスが悪かった。北帰行まであと一カ月ほど。白鳥が演じる自然のドラマをもう少し楽しみたい。 (堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD850 AF−Sニッコール800ミリf5.6 1000分の1秒 絞り開放 ISO800

◆交通アクセス

 バスは、東武野田線愛宕駅から茨城急行自動車バス「岩井車庫」行きで約20分、「辺田三叉(さ)路」下車徒歩20分。バス停から約100メートル先の国道354号を右折して数百メートルで飯沼川。右折して川沿いの土手の道を歩き、約900メートル先に天神山公園と駐車場がある。その前の沼が白鳥飛来地。バスは1時間に1本ほど。車は常磐自動車道・谷和原ICから約25分。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して22年目に。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報