東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

冬(下)上平の氷瀑(ひょうばく)(群馬県藤岡市) 冬枯れ包む 白のベール

写真

 群馬県藤岡市上日野の鮎川(あゆがわ)で一月二十七日朝、岩清水が凍って作り出した「上平の氷瀑」を撮影した。先週初めからの厳しい寒波の影響で、見事な自然のオブジェに。まるで豪華なパイプオルガンのようだ。雪の薄化粧も魅力的。自然が描く幻想的な光景に感動した。

 この氷瀑はかつて、市のホームページにも紹介されていた。当時、氷瀑の対岸にあった展望場所はその後立ち入り禁止となり、未掲載に。バスの運転手は「今は訪れる人はほとんどいない。昔は仮設トイレも設営された」と語ってくれた。案内板もなくなっており少し不安だったが、撮影できる場所を探すため、沢から鮎川の河原に向かうことにした。上平バス停付近に沢があり、急峻(きゅうしゅん)だが、ここから入った。雪と氷で滑るので慎重に歩いた。

 氷瀑は沢を下った鮎川の右岸にあった。河原は歩きやすい。二カ所に見られ、一つは高さ約十メートル、幅約十メートル、もう一つは高さ約五メートル、幅約二十メートルとともに大きな規模だ。静かに冬枯れの風景に鎮座していた。

 一月下旬からの厳しい冷え込みで、ほかの氷柱(つらら)の名所も見ごろを迎えている。埼玉県秩父地方の三十槌(みそつち)の氷柱(秩父市大滝)と尾ノ内百景氷柱(小鹿野(おがの)町)、あしがくぼの氷柱(横瀬町芦ケ久保)は東京圏に近くて大人気だ。以前「絶景を行く」に掲載した梨木の氷柱(桐生市黒保根町)も見事だという。ここは道の脇にあり、駐車した車内から見られる。

 冬は氷柱を撮影することが多い。自然が作り出した「氷の芸術」に魅了されるからだ。今年は厳寒が続くので、まだまだ見られそう。もう少し楽しみたい。(堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD850 AF−Sニッコール24〜70ミリf2.8 15分の1秒 絞りF8 ISO400

◆交通アクセス

 JR八高線群馬藤岡駅から上信観光バス「上平」行きで約45分、終点下車。1日5往復。午前の群馬藤岡駅発は6時13分、8時36分、11時16分の3本。片道500円。上平バス停から氷瀑までは徒歩10分ほど。いわゆる観光名所ではないので道がなく、急峻な沢を下る。長靴や手袋など必要。車は上信越自動車道・藤岡ICから約20キロ、40分。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して22年目に。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報