東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

春(中)飯給駅の桜(千葉県市原市) 薄紅に照り映え水鏡

写真

 千葉県市原市の小湊鉄道飯給(いたぶ)駅付近で一日、田んぼの水鏡に映る列車と桜(ソメイヨシノ)を撮影した。ライトアップされた桜と水面の花いかだは幻想的だ。里山に警笛を鳴らして列車が出発すると、ホームのベンチに座る二人が見えた。夜桜見物の特等席だ。郷愁を感じるのどかな駅の雰囲気に心から魅了された。

 小湊鉄道は五井(ごい)駅から上総(かずさ)中野駅まで三九・一キロを結ぶ非電化の私鉄ローカル線。飯給駅は一九二六(大正十五)年九月に開業し今年で九十二年を迎える。この二本の桜は半世紀前に昔の駅長さんらが植えたという。今、桜は多くの鉄道ファンや観光客を集めるようになった。駅は五六年から無人駅に。そばには市原市が、約二百平方メートルの敷地にぽつんと立つアート作品のトイレを設置した。女性専用で定員一人。無料だ。

 インスタ映えと鉄道写真が融合して全国的に有名になった飯給駅。この一枚を撮る時、田んぼの周りに約七十台を超えるカメラの放列があった。列車が通り過ぎると、皆さん満足そうな笑みを浮かべていた。

 昨年秋の本紙主催「ほっとフォトコンテスト2017」では、読者の浅井和範さんが撮影した夜桜と駅、列車の写真が最優秀賞に輝いた。題名は「飯給駅の春」。素晴らしい一枚だった。毎年春、首都圏から多くの写真愛好家が集う。小湊鉄道によると、水が張られた田とライトアップは十年ほど前からという。

 今年は桜の満開が例年より約一週間早く、残念ながら今は葉桜になりライトアップは終了した。新緑の季節に、首都圏では珍しい気動車や里山トロッコ列車に乗って、再び飯給駅を訪れてみたい。

 (堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD850 AF−Sニッコール24〜70ミリf2.8 2秒 絞りF5.6 ISO800

◆交通アクセス

 鉄道利用はJR千葉駅から内房線に乗り約20分で五井駅。小湊鉄道に乗り換え、飯給駅まで27.5キロ、約50分。五井−飯給は片道1040円。小湊鉄道の全線乗り降り自由の1日フリー乗車券(当日限り有効)は大人1800円、子ども900円。

 車は圏央道・市原鶴舞インターチェンジ(IC)から十数分。館山自動車道・市原ICから約35分。

 問い合わせは、小湊鉄道運輸課=(電)0436(21)6771=へ。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して22年目に。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報