東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

春(下)秋ケ瀬公園のコイカル(さいたま市桜区) 芽吹く森 味わい憩う

写真

 さいたま市桜区の秋ケ瀬公園内のピクニックの森で三月三十日朝、芽吹きとともに花をつけ始めたエノキの枝で実を食べるコイカル。黒い頭と黄色いくちばしが印象的だ。好物の実を探して枝を歩き、美しい「花園」でひと休み。豊かな春の自然の営みにとても感動した。雄二羽と雌一羽の合計三羽が見られた。

 コイカルは旅鳥または冬鳥として渡来するアトリ科。全長は一九センチ。見る機会は少ない鳥だ。イカルに似ているが、関東では百羽以上のイカルの群れに一羽いる程度。今回、三羽だけの群れは珍しい。同公園には二月下旬から滞在。

 四月に入り、コイカルは同じ公園内の子供の森に移動した。八日、エノキで新芽と若葉を食べる三羽に九日ぶりに対面。「ヒーコーキ」とイカルに似た美しい声でさえずっていた。すぐに三十人ほどの野鳥愛好家が集まり、皆さん喜んでいた。

 同公園の森には四月中旬から大型連休まで、渡り途中の夏鳥が立ち寄る。オオルリやキビタキ、サンコウチョウ、センダイムシクイなど人気の鳥だ。繁殖地の北の山に向かう途中、この森でひと休みして体力を回復させる。滞在は一日から数日以内だが、身近な都市公園で見られるのはうれしい。広さ約百ヘクタールの同公園は、荒川左岸の河川敷に一九七一年に開設された。南北三キロ、東西一・五キロほど。

 若葉と新緑が美しい季節を迎えている。二つの森を探鳥すると、森林浴で心癒やされる。観察者が多いので、誰かが見つけてくれるのもうれしい。今年も巣箱からフクロウのヒナが顔を出すだろうか。コイカルはまだいるだろうか。わくわくしながら春の森を歩く。 (堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD850 AF−Sニッコール500ミリf4 テレコンバーターTC14EII使用 500分の1秒 絞り開放 ISO400

◆交通アクセス

 公共交通機関はJR浦和駅西口2番乗り場から国際興業バスで桜区役所経由、大久保浄水場行きに乗車。子供の森へは「道場」下車で徒歩15分。ピクニックの森へは「下大久保」下車で徒歩15分。

 車は東京外環道の戸田西インターチェンジから国道17号経由で約10分。荒川左岸の県道40号・秋ケ瀬橋と国道463号・羽根倉橋付近などのゲートから入る。駐車場は無料。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して22年目に。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報