東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

夏(上)新道峠(山梨県笛吹市) 猛暑の空に秋の色

写真

 避暑を兼ね、山梨県笛吹(ふえふき)市芦川町の新道(しんどう)峠に七月下旬、訪れた。標高約一、五八〇メートル。吹く風は心地よく、早くも秋の気配を感じさせる筋状の雲も現れた。待つこと約一時間、淡い紫と桃色を帯びた鮮やかな夕焼けが広がった。眼下に河口湖と街並みが美しい。裾野を広げる秀麗な富士山との壮観な光景に魅了された。

 新道峠は富士山のビュースポットで知られる。近年は「インスタ映え」すると、若い人に人気の撮影地だ。峠から約十分登った第一展望台(標高約一、六二〇メートル)にはライブカメラが設置され、スマートフォンで富士山の「今」を確認できる。市観光商工課は「世界に向かってこの光景を発信したい。二〇二〇年までにさらに整備を目指す」と話す。

 この日は熱帯夜が予想され、涼しい峠の一角で夜を過ごすことにした。運が良ければ、富士の山小屋と登山者の灯(あか)り、天の川の撮影も可能だ。気温は一八度。残念ながら悪天候で何度も霧が発生した。もう少し低ければ見事な雲海だろう。幸いにも未明に霧は晴れ、南東の空にひときわ赤く輝く火星が見られた。十五年ぶりの大接近という。神秘的な火星の姿に感動した。九月上旬まで明るく輝いて観察しやすい。

 峠は、初夏と晩秋に大勢の撮影者が集う。河口湖上空に雲海が発生しやすいからだ。街灯りが雲海に反射して七色になり、幻想的な世界を描いてくれる。富士山が冠雪した十一月に再び訪れたい。 (堀内洋助)

 ◇ 

 涼を呼ぶ夏の「絶景」を、毎週木曜日に「探鳥」を連載する堀内洋助カメラマンが撮影しました。三回にわたってお届けします。

◆撮影データ

 ニコンD850 AF−Sニッコール24〜70ミリ f2.8 30分の1秒 絞りF5.6 ISO400

◆交通アクセス

 車は中央自動車道河口湖インターチェンジから約40分。河口湖大橋を渡り、県道719号線の若彦トンネルを出て、「すずらん畑」への標識に沿って走る。水ケ沢林道終点に駐車スペースと登山道入り口がある。山道を徒歩約10分で新道峠に。さらに数分で第二展望台、約10分で第一展望台へ。案内標識が整備されている。問い合わせは、笛吹市観光商工課=電055(261)2034=へ。

<ほりうち・ようすけ> 1954年松山市生まれ。中央大卒。82年、中日新聞社(東京新聞)入社。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して22年目に。著書は「再生の原風景」(東京新聞出版部)など。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報