東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > フォトサービス > 絶景を行く > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【絶景を行く】

夏(下)めがね橋(群馬県安中市) サルとアーチ共演

写真

 「めがね橋」の通称で親しまれる碓氷(うすい)第三橋梁(きょうりょう)(群馬県安中市松井田町)を七月下旬、訪れた。標高は約五八〇メートル。早朝、碓氷川に架かるれんが造り四連アーチ橋の美に圧倒された。旧国道18号から見ていると偶然、ニホンザル数匹が現れた。一匹が橋の手すりを歩いた時、交差させた手足にアーチのような空間ができた。本物のアーチ橋と共演する一瞬の光景に心奪われた。

 めがね橋は旧信越線の鉄道橋で、国の重要文化財に指定されている。一八九二(明治二十五)年に完成し、横川−軽井沢・碓氷峠越えの急勾配を走るアプト式鉄道を支えた。一九六三(昭和三十八)年、新線開通に伴い惜しくも廃線に。長さ九十一メートル、高さ三十一メートルの橋にはれんが約二百万個が使われたという。

 廃線から五十五年。今は遊歩道「アプトの道」として整備され、大勢の行楽客や鉄道ファンが訪れる。めがね橋から、麓の温泉施設「峠の湯」まで約二キロを散策した。トンネルに入るとひんやりして心地いい。照明(午後六時消灯)もある。鉄道トンネルを歩けるのは廃線跡ならではの楽しみだ。

 帰りは、かつて国鉄で最も急勾配だった66・7‰(パーミル)を登ることに。かなりの傾斜だ。当初はわくわくしていたが、数百メートルでしんどくなった。機関車を連結して、ラックレールとピニオンギアをかみ合わせたアプト式が使われた時代を少し実感できた。

 翌日は鉄道のテーマパーク「碓氷峠鉄道文化むら」のトロッコ列車で、台風接近による大雨の中、横川−峠の湯を往復した。車掌は「サルに出合うと翌日は雨になる」という地元の言い伝えを話した。本当に驚いた。この夏、碓氷峠で体験した、いい思い出だ。(堀内洋助)

◆撮影データ

 ニコンD850 AF−Sニッコール14〜24ミリf2.8 125分の1秒 F5.6 ISO800

◆交通アクセス

 電車はJR信越線横川駅下車。めがね橋までは1日1往復運行(軽井沢行き)の「めがねバス」が、横川駅発午前11時10分。帰りは、めがね橋発午後1時22分。春・夏・秋の季節運行で8月は19日まで。秋は10月6日〜11月25日。タクシーも利用できる。

 車は上信越自動車道の松井田妙義インターチェンジから約25分。めがね橋の約300メートル先に駐車場があり、トイレもきれい。問い合わせは、安中市観光課=電027(382)1111(代)。

<ほりうち・ようすけ> 東京新聞カメラマン。「富士異彩」と「渡良瀬有情」取材班で新聞協会賞を受賞。本紙に写真企画「探鳥」を連載して22年目に。

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へ。

 

この記事を印刷する

PR情報