東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

ディーゼル車の国産4車種 排ガス基準の2〜10倍超過

写真

 フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題を受け、国土交通省が一般道や高速道で実施したディーゼル車(乗用車と貨物車)の走行調査で、国内三社の四車種が、排ガス基準を二〜十倍程度上回る窒素酸化物(NOx)を排出したことが三日、分かった。室内で車体を台上に固定して実施する現行の認証試験では基準を満たしていたが、実際に路上で走行したところ、NOx排出量が増加した。 

 走行時の排出基準がないため違反ではないが、国交省は、新型車の認証試験を実際の走り方に近づけるため、導入方針を固めている実走試験の基準づくりを本格化。排ガス規制の強化も図る。

 調査対象はトヨタ自動車、日産自動車、マツダ、三菱自動車の乗用車計五車種と貨物車一車種。測定装置を搭載し、東京都と埼玉県の市街地や郊外、高速道を走らせた。マツダの二車種を除く日産エクストレイルなど乗用車三車種とトヨタの貨物車ハイエースは、現行試験のNOx排出量の基準値を二〜五倍程度上回った。走行区間によっては十倍程度になる車種もあった。独自技術を持つマツダは運転条件が変わってもおおむね基準値を下回った。

 国交省は調査結果について、渋滞時や急発進時などにNOxの排出が増えると指摘。特に十倍程度に悪化したことに関して「冬場の外気温が低い場合などは、エンジン保護のため排ガス低減装置の機能が停止する仕組みになっている」と説明している。同省は装置の作動範囲の指針作りも進める。

写真

 VWは、試験場での走行時のみ排ガス浄化機能を稼働させる不正ソフトウエアを搭載。不正を公表した米環境保護局によると、実際の走行時にNOxの排出量は基準値の最大四十倍になる。今回の調査対象車では不正ソフトは確認されなかった。

 国交省は既に、大型トラックなどについても路上走行試験の導入を視野に検討している。

 政府は、地球温暖化の原因である二酸化炭素や大気汚染物質の排出削減のため、燃費や排ガス性能の優れた「クリーンディーゼル車」の普及を促進。税制で優遇している。業界団体によると、二〇一五年のディーゼル乗用車の国内新車販売台数は十万三千八百四台。

 

この記事を印刷する

PR情報