東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

湯河原の別荘へ公用車48回 舛添知事「問題ない」

 東京都の舛添要一知事が昨年四月からの約一年間に計四十八回、神奈川県湯河原町にある事務所に公用車で行き来していたことが分かった。公用車の使用や頻繁な都外滞在を問題視する報道が、二十七日発売の週刊文春に出たのを受け、都が明らかにした。

 舛添知事は同日午前、都庁内で報道陣の取材に応じ「まあ、よく行っていました。全てルールに従ってやっており、全く問題ない」と語った。

 舛添知事の説明などによると、この事務所は知事の妻が代表を務める「舛添政治経済研究所」所有の湯河原別荘。「ものすごく仕事が忙しいので、そこでじっくり一週間分を見直す。一番静かで仕事ができる事務所」とも説明し、公務終了後に公用車で訪れていたという。

 報道陣から「危機管理の面で問題があるのではないか」と問われ、舛添知事は「どこにいても万全の危機管理ができる体制が敷いてあれば大丈夫だ、と思っている」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報