東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

尖閣接続水域に中国軍艦 初の確認、外務省が抗議

写真

 防衛省は九日、中国海軍のフリゲート艦一隻が、沖縄県・尖閣諸島の久場島周辺の接続水域に同日未明、一時入ったと発表した。領海侵入は確認されていない。尖閣周辺の接続水域ではこれまで、中国海警局の船が相次いで航行してきたが、中国海軍艦を確認したのは初めて。外務省が中国側に抗議した。ロシア海軍の駆逐艦も同じ時間帯に近くの接続水域に入っており、防衛省は両国海軍の動きの関連を調べる。ロシアには注意喚起した。

 政府は、官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。安倍晋三首相は、関係省庁や米国などと緊密に連携し、警戒監視に全力を尽くすよう指示した。

 防衛省によると、午前零時五十分ごろ、尖閣諸島の久場島北東の接続水域に南下して入ったフリゲート艦は、午前三時十分ごろ、尖閣諸島の大正島北北西の接続水域から出て北に向かったという。海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」が確認した。

 また、八日午後九時五十分ごろ、ロシア海軍の駆逐艦など三隻も久場島と大正島の間の接続水域に入って北進し、九日午前三時五分ごろに同水域外に出たのを海自護衛艦「はたかぜ」が確認した。接続水域の航行は国際法上問題がなく、ロシア軍艦は過去に尖閣諸島周辺の接続水域を航行したこともある。

 外務省の斎木昭隆事務次官は九日午前二時ごろ、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、「一方的に緊張を高める行為で日本として受け入れるわけにはいかない」と重大な懸念を表明し抗議。直ちに出域するよう要求した。日本政府関係者によると、程氏は「抗議は受け入れられない。ただ緊張のエスカレートは懸念しており、中国政府に至急伝える」と述べたという。

 日本政府筋は、中国海軍艦が尖閣諸島周辺の接続水域に近づいた段階で、中国政府に対し、外交ルートで接続水域に入らないよう注意喚起していたと明らかにした。

◆政府、中国へ「深刻に懸念」

 政府は九日、中国の軍艦が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に入ったことについて「緊張を一方的に高める行為で、深刻に懸念している」(菅義偉(すがよしひで)官房長官)と猛反発し、中国の駐日大使を午前二時という異例の時間に外務省へ呼び出して強く抗議した。中国側の意図や同時間帯に接続水域に入ったロシア軍艦との連携の可能性についても分析を急いだ。防衛省は米軍と協力して中国海軍艦の動向を追跡し、警戒を強めている。

 中谷元・防衛相は取材に「いたずらに事態をエスカレートさせることがないよう冷静な対応を継続しつつ、わが国の領土、領海、領空を守り抜くために毅然(きぜん)と対処していく」と強調。中ロ両国の艦船の関係について「中国海軍艦がロシアの艦船に対応していた可能性がある」と述べた。

<接続水域と領海> 1977年に施行された領海法により、日本の領海幅は3カイリ(約5・6キロ)から12カイリ(約22キロ)に拡張された。領海のさらに外側約22キロの範囲に接続水域が設けられ、通関や出入国管理など自国の法律を適用できる。銃器、麻薬の密輸や密入国などを防止するため、国連海洋法条約は締結国に設定する権利を認めている。日本は同条約を批准した96年に領海法を改正し、接続水域を定めた。

<フリゲート艦> 高速で機動性があり、対潜、対空、護衛などの任務に当たる艦船。一般的に小型のものをいうが、駆逐艦級の艦船を指す場合もある。各国の軍事情報をまとめているジェーン年鑑などによると、中国海軍はこのクラスを約70隻保有しているとされる。今回、尖閣諸島周辺の接続水域に入った中国軍艦は、ジャンカイI級フリゲートと呼ばれる種類で、全長132メートル、排水量3963トン。中国軍は2隻を配備している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報