東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

都知事選序盤情勢 小池、鳥越両氏競る 増田氏追走、4割は未定

 十四日告示された東京都知事選(三十一日投開票)で、共同通信社は十六、十七の両日、電話による世論調査を実施し、取材結果も踏まえて序盤情勢を分析した。元防衛相の小池百合子氏(64)とジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=が競り合い、元総務相の増田寛也(ひろや)氏(64)=自民、公明、こころ推薦=が追う展開になっている。

 ただ約四割は投票先を決めておらず、今後の情勢は変化する可能性がある。

 小池氏は自民党の推薦を得られなかったが、自民支持層の三割強を取り込み、無党派層の三割から支持を受ける。女性からの人気も高い。

 野党四党の統一候補として告示二日前に出馬表明し、医療や介護の充実を訴える鳥越氏は民進支持層と共産支持層の六割近くを固め、無党派層にも浸透する。

 増田氏は公明支持層をまとめる一方、分裂選挙となった影響を受け、自民支持層を三割ほどしか固められていない。52・5%が今回の都知事選に「大いに関心がある」と回答し、「ある程度関心がある」と合わせると93・4%に上った。

 世論調査の方法 東京都の有権者を対象に16、17両日、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。実際に有権者がいる世帯にかかったのは1521件、うち1033人から回答を得た。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報