東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

国会議員90人が海外視察へ ファーストクラス利用も

 国会の閉会期間を利用した衆参両院の海外派遣(視察)が相次いでいる。十六日までに衆参両院議員七十人が、米国や欧州を中心に視察へ出掛けた。九月召集予定の臨時国会までにさらに二十人程度が出発する計画。舛添要一前東京都知事の海外出張費が高額として批判された航空機のファーストクラスも、衆院の一部議員が利用した。

 委員会単位などで行われる海外視察には毎年度百人超が参加。通常国会終了後から秋の臨時国会までの夏休み期間に集中することが多い。今年は七月の参院選直後で委員会の構成がまだ決まっていないため、これまでに参院で出掛けたのは議院運営委員会の五人だけ。安全保障関連法案の審議で九月まで通常国会が開かれていた昨年度は、十月以降に衆院約八十人、参院約六十人が出掛けた。

 行き先は委員会などが決め、与野党五人前後で参加する。衆院予算委では自民、民進、公明、共産の計七人が七月二十四〜三十日にフランス、ギリシャ、イタリア、スペインの四カ国を訪問。付加価値税や軽減税率の調査を目的とした。

 航空運賃や宿泊料、日当、食費は衆参両院が負担する。搭乗する航空機では、参院が正副議長と同行する場合はファーストクラスの利用を認めており、衆院も昨年九月に同様の申し合わせをした。今年七月十四〜二十二日の衆院副議長の欧州視察で初めて適用され、同行した三議員もファーストクラスに乗った。

 本年度の海外派遣の予算は衆院が二億七千万円、参院は一億二千五百万円。衆院は一人当たり百九十万円、参院は同二百六十万円の上限を設け、これ以上は自己負担となる。

 国民の税金を使う派遣のため、視察結果は報告書にまとめられ公開される。衆院は国際部に出向かないと見られない。参院はウェブサイト上で公開している。 (大杉はるか)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by