東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日本供与の巡視船がフィリピン到着 武器輸出緩和で可能に

18日、マニラ港に接岸した、日本政府がフィリピン沿岸警備隊に供与した巡視船=共同

写真

 【マニラ=共同】日本政府がフィリピン沿岸警備隊に供与する巡視船計十隻の最初の一隻が十八日、マニラ港に到着した。日本政府は、南シナ海問題を巡り中国と対立するフィリピンの海上警備能力向上を図る狙い。二〇一一年十二月に武器輸出三原則が緩和され、安倍政権は一四年四月に防衛装備移転三原則を決定、「武器」である巡視船の国際貢献目的での提供が可能となった。

 巡視船は、引き渡し時に機関砲などは装備されていない。しかし、防弾のために装甲を強化しているため「武器」として扱われる。今後、フィリピン側で改造などが行われる可能性もある。日本政府は約百八十七億円の円借款で、全長四十メートルの巡視船計十隻を一八年末までに供与する。

 フィリピン沿岸警備隊のメラド長官は到着式典で、南シナ海で実効支配を強める中国を念頭に「洋上で横行する“いじめ”に対し、国民のために立ち上がる」と決意表明。海洋国家ながら装備の貧弱な沿岸警備隊の装備近代化の必要性を訴えた。

 巡視船供与は一三年七月、フィリピンを訪問した安倍晋三首相がアキノ前大統領との首脳会談で表明。一隻目は一五年十月にも引き渡される予定だったが、フィリピン側の事務手続きが滞り、大幅に遅れた。

 今回到着した巡視船は、フィリピン南西部スルー海にあり国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産にも登録されている岩礁自然公園の名を取り「ツバタハ」と命名された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報