東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「防衛相の資質」に集中砲火 「核保有」撤回せず 「軍事費」言い間違い

写真

 十一日成立した二〇一六年度第二次補正予算を巡る審議では、稲田朋美防衛相=写真=の就任以前の安全保障に関連する発言や防衛用語の言い間違いを、野党側が相次いで取り上げ「防衛相としての資質を疑う」と追及。稲田氏は反論し、発言を撤回しなかった。(横山大輔)

 野党側が最も問題視したのは、一一年の雑誌対談で稲田氏が日本の核保有を「国家戦略として検討すべきだ」とした発言。民進党は蓮舫代表や辻元清美衆院議員が取り上げ、十一日の参院予算委員会でも、白真勲氏が「そのような個人的見解を持っている人が防衛相になったから問題なんだ」と、発言の撤回を何度も求めた。

 稲田氏は「過去の政治的な発言は、発言の時点でどうだったかという問題であり、この場で撤回するつもりはない」と突っぱねた。

 この日は社民党の福島瑞穂副党首も、稲田氏が同じ雑誌対談で「若者全員に一度は自衛隊に触れてもらう制度はどうか」と提言したことについて「憲法で禁止する意に反する苦役に当たる可能性がある。徴兵制と紙一重だ」と、撤回を求めた。稲田氏は撤回には応じずに「徴兵制の類いは憲法に違反する。そのようなことは考えていない」とかわした。

 蓮舫氏は、稲田氏が民主党政権時代の子ども手当に関連し「防衛費にそっくり回せば、軍事費の国際水準に近づく」と発言したことにも触れた。稲田氏が「財源のない子ども手当を付けるぐらいなら、軍事費を増やすべきではないか、と言った」と反論した。だが、「防衛費」とするべき部分を「軍事費」を言い間違ったことに気づき、答弁をやり直す場面もあった。

 これを受け、蓮舫氏は「今の防衛相の答弁の姿勢に危機感を覚える」と批判した。

 稲田氏は四日の衆院予算委でも、六月に中国海軍の艦艇が沖縄県の尖閣諸島の接続水域を初めて航行したことを「中国の戦艦が入ってきた」と表現。防衛省の発表では「戦闘艦艇」が正しく、民進党の後藤祐一氏は「言葉の選び方を慎重に」と苦言を呈した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by