東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相「信頼築けると確信」 次期米大統領のトランプ氏と初会談

17日、ニューヨークで、会談前に握手を交わす安倍首相とトランプ次期米大統領=内閣広報室提供

写真

 【ニューヨーク=古田哲也】訪米中の安倍晋三首相は十七日夕(日本時間十八日朝)、ドナルド・トランプ次期米大統領とニューヨークで会談した。首相は会談後、「ともに信頼関係を築いていくことができると確信を持てる会談だった」と述べた。日米同盟に関しては「同盟は信頼がなければ機能しない。トランプ次期大統領は信頼できる指導者だと確信した」と強調した。

 会談内容については「さまざまな課題について私の基本的な考え方を話した」と説明。トランプ氏が大統領選で脱退を明言した環太平洋連携協定(TPP)や、日本側に負担増を求めてきた在日駐留米軍経費など具体的な課題については、トランプ氏が就任前で非公式会談だったことを理由に、取り上げたかどうかを明言しなかった。議論の具体的な内容は公表されなかった。

 トランプ氏は自身のフェイスブックで「素晴らしい友情関係の始まりとなったことをうれしく思う」と書き込んだ。

 会談は約一時間半にわたり、トランプ氏の住居があるトランプタワーで、通訳を伴って行われた。トランプ氏の外交アドバイザーのフリン元国防情報局長、トランプ氏の娘イバンカさんや夫のジャレッド・クシュナー氏らも立ち会った。トランプ氏が大統領選後に外国首脳と直接会談するのは安倍首相が初めて。次期米大統領が就任前に外国首脳と会談するのも異例だ。

 首相は会談について「二人でじっくりと胸襟を開いて、率直な話ができた。温かい雰囲気で会談できた」と述べた。再会談については「二人の都合のいいときに再び会い、さらにより広い範囲について、より深く話し合うことで一致した」と述べた。

 首相は十日にトランプ氏と電話で会談し、早期に首相が訪米して会談することで一致。ペルーでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)に先立ち、首相が米国に立ち寄った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報