東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

オスプレイ米軍に申し入れ 首相「沖縄の感情に配慮を」

 安倍晋三首相は二十七日の衆院予算委員会で、米海兵隊の新型輸送機オスプレイが沖縄県沖の浅瀬で大破した事故を巡り、在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官が「パイロットは県民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」などと発言したことについて「米側には、沖縄県民の気持ちに配慮して発言していただきたいと申し入れている」と述べた。稲田朋美防衛相が事故後、ニコルソン氏と会談した際に直接申し入れたという。

 沖縄選出の共産党の赤嶺政賢氏が「米国は占領者意識を引きずっている」と政府の対応をただした。海上保安庁の捜査を受け入れるよう申し入れたにもかかわらず、米軍が単独で事故機の回収や操縦士の事情聴取を行ったことについて、岸田文雄外相は日米地位協定などの「ルールに従って対応した」と説明した。

 首相は、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱を決めたトランプ米政権が日本に求める見通しの二国間通商協定交渉について「こちらが一方的に譲歩して、得るものがないということにはならない」と強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by