東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

緊張感持ち「共謀罪」の審議を 二階氏が菅氏に伝える

 自民党の二階俊博幹事長は八日、「共謀罪」と趣旨が同じ「テロ等準備罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案を巡る、法務省の文書について、菅義偉(すがよしひで)官房長官に注意を促した。

 二階氏は電話で菅氏に「政府与党で連絡を密にして、緊張感を持ってやってもらいたい」と要請。菅氏は「真摯(しんし)に受け止め、一層引き締めてやっていくことが必要だ」と応じた。

 これに先立ち、自民、公明両党は幹部会合で、菅氏に注意を促すことで合意した。会合後、自民党の竹下亘国対委員長は記者団に「本音では法相の気持ちも分からないではないが、行政府が立法府の発言を封じると受け止められかねないのは、いかがなものか。二階氏には菅氏に、緊張感をもってやるよう申し入れてもらう」と述べた。

 一方、民進党の長妻昭氏は同日午前の衆院予算委理事会で「法相が(文書の作成、配布を)自ら指示した。辞任に値する。出処進退について、与党として考えてほしい」と、与党側に法相辞任を促すよう求めた。

 法務省は六日に、衆院予算委員会の審議を法案提出後にするよう配慮を求めた文書を発表。民進党は「質問封じ」と批判し、七日の同委で金田勝年法相は文書を撤回し、謝罪した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by