東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

4野党、法相辞任要求で一致 「共謀罪」対応めぐり

 民進、共産、自由、社民の野党四党は八日の国対委員長会談で、金田勝年法相の辞任を求める方針で一致した。「共謀罪」と趣旨が同じ「テロ等準備罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案を巡る対応が、閣僚の資質に欠けるとの理由。金田氏は同日の衆院予算委員会で「誠心誠意、職責を果たす」と辞任を拒否した。

 金田氏は、同法案の審議は法案提出後に行うべきだとする文書の作成、配布を指示。野党側が「質問封じだ」と反発したため、金田氏は七日に文書を撤回し、謝罪した。

 会談では、防衛省が廃棄したと説明していた陸上自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報を巡り、衆院予算委で集中審議を行うよう、与党側に求めることも確認した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by