東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

防衛省、PKO日報を12月下旬に把握 公表まで1カ月以上

 防衛省が当初は廃棄したと説明した陸上自衛隊の南スーダンPKOの日報を、一転して一部黒塗りで開示した問題で、同省は八日、再調査で日報の存在を把握した時期は昨年十二月下旬だったと明らかにした。統合幕僚監部は「黒塗り部分を決めるのに時間がかかった」と説明するが、存在の事実を一カ月以上公表していなかったことになる。

 本紙は昨年十二月二十四日朝刊でこの問題を報じた。その時点で同省が存在を把握していたかは不明。

 日報はフリージャーナリストの男性が昨年九月に情報公開法に基づき開示請求したが、同省は日報の内容を「使用目的を終えた」ため廃棄したとして、十二月二日に男性に通知した。

 通知後、河野太郎衆院議員から「不適切な対応」との指摘を受け、再調査した結果、統合幕僚監部に電子データが保管されていたことを認め、今月七日に一部を公表した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by