東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

PKO日報の報告遅れ 公明幹事長「猛省促す」

 自民党の二階俊博幹事長は十日の記者会見で、南スーダンの国連平和維持活動の派遣部隊が作成した日報が発見されながら、稲田朋美防衛相に約一カ月報告されなかったことに関し「防衛省は国民の期待に応え、厳格に対応してもらいたい。多少、気の緩みがあったのではないかと、みんなが疑問を感じている」と苦言を呈した。

 公明党の井上義久幹事長も会見で「省内の情報共有が不十分で、文書管理も極めてずさんだった。猛省を促したい」と批判した。民進党などが求めている防衛相辞任については「直ちに辞任しなければいけない状況にない」との見方を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by