東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

浦添市長に松本氏再選 政権支援、知事派を破る

 任期満了に伴う沖縄県浦添市長選が十二日投開票され、無所属前職の松本哲治氏(49)=自民、公明推薦=が、無所属新人の元市議又吉健太郎氏(42)を破り再選された。松本氏を推す安倍政権と、又吉氏を支援する翁長雄志(おながたけし)知事の「代理対決」の構図だった。

 沖縄県の十一市長のうち、那覇と名護を除く九市長は政権と協調関係にあり、米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設反対で政権と対立する翁長氏は勢力拡大を狙った選挙だった。同じ構図となった一月の宮古島市長選に続く連敗となり、求心力に影響する可能性がある。

 投票率は61・37%で、前回を1・93ポイント下回った。

 選挙戦は、那覇市にある米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市移設の是非も争点となった。松本氏は前回選で反対を掲げて初当選したが、その後容認に転じた。又吉氏は「市民投票を実施する」として賛否を明確にしなかった。

 一方、翁長氏は容認の立場で、関係が複雑になっていた。

  当 30733 松本 哲治 

    22043 又吉健太郎 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by