東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「PKO日報は適切に管理」 首相の1月答弁作成経緯を調査へ

 稲田朋美防衛相は十四日の衆院予算委員会で、防衛省が当初は廃棄したと説明した陸上自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報を一転して開示した問題で、安倍晋三首相が日報は適切に管理されていたと答弁したことについて「その時点で破棄をした前提で見ていたので、違和感は感じなかった」と述べた。その上で、防衛省が首相答弁を作成した経緯を再調査する考えを示した。

 防衛省は省内調査で昨年十二月二十六日には日報の存在を把握したが、首相は今年一月二十四日の衆院本会議で「公文書管理の関係法令、規則に基づいて扱っている」と答弁した。防衛省が稲田氏に日報の存在を報告したのはこの答弁の三日後の一月二十七日だった。

 予算委で、民進党の辻元清美氏は「防衛省は組織ぐるみで隠蔽(いんぺい)し、うその首相答弁をつくったのではないか」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報